FC2ブログ
囲炉裏ブログ#関西の旅館・川床料理・宿泊予約も
【囲炉裏の宿 豊楽】の様々な出来事を掲載します。     映画 『ノルウェイの森』 『信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)』撮影現場(ロケ地)に近い旅館!!   お徳な♪ふるさと納税『さとふる』『楽天市場』も大好評♪
業務用 エコキュート の導入!
今年の5月から業務用エコキュートを導入しております。

業務用エコキュート

写真左 エコキュート(電気給湯器)  写真右 貯湯タンク

豊楽では環境に優しく、経費削減の目的で導入しました。

シュミレーションの計算より、灯油やガスの給湯器よりも電気の方がコストが下がる事が導入の理由でした。

メーカー :三菱電機
最大出力 :56kW(お湯を作る能力値)
タンク  :8トン(容量) 、 開放型(他に真空型がある。)
費用   :エコキュート貯湯タンク(約500万円)、配管・ポンプ・制御の設備(約500万円)
補助金  :60万円(今年までの予定)
メリット :1.低価格の夜間電力を使用する事により、給湯コストを下げられる。
      2.灯油に比べて電気は価格が安定している為、コストの変動が少なく、今後さらにコストの差が予想される。
      3.貯湯タンクを設置する事により、瞬間的なお湯の使用に対応出来る。
      4.灯油ボイラーなどに比べて安全な機械
デメリット:1.給湯後にタンク貯湯する為か、使用出来るお湯は冬場には50度ほどと低くなる為、基本的にお湯を作る能力が低いと言える。
      2.貯湯タンクを使用する為、お湯が冷める。随時暖めるが、その分コストがかかる。
      3.24時間365日稼動が標準的な使用方法になっている為、使用しない時間帯はコストのロスがある。
      4.開放型の場合は、お湯を送り出す力が少ないので、ポンプなどが必要になりコストがかかる。
豊楽の設置方法:デメリット1の対策も兼ねて灯油ボイラーから貯湯タンクへのラインを用意しており、タンクのお湯がぬるくなる場合は灯油ボイラーを使用するハイブリット方式を採用した。
        デメリット2の対策として、タンクは小さめにした。
豊楽の設置に関する失敗:1.8トンタンクだがオーバーフローの設置位置の関係もあり7トンのお湯の貯湯になった。
            2.貯湯タンクの位置が高くはなかった為、タンク内お湯は50%しか使用出来ない事が多い。
            3.ポンプを使用する為、タンクは70%しか使用出来ない。(30%のお湯は残しておかないといけない。)
            4.ポンプの水圧は問題ないが、強すぎるほどの水圧には出来ない。

失敗もありましたが、現状コストを下げる事が出来ているようで、どれほどコスト削減出来ているかまた掲載したいと思っております。

現在、街の一般家庭ではエコキュートやエアコンの騒音問題が多くなっているようですので、設置場所も重要なようですね。
スポンサーサイト

テーマ:国内ホテル旅館宿泊プラン情報 - ジャンル:旅行